So-net無料ブログ作成
検索選択

DVDで観た映画「秘密 THE TOP SECRET」 [映画]

これはそんなに気になってたわけではないけど、レンタル4本で1000円、
もう1枚どうしようかな、で借りた作品。
a43befb56fa36f74.jpg

あらすじ(シネマトゥデイより)
死者の脳をスキャンし、生前の記憶を映像化するMRIスキャナーが開発される。
同システムを導入した第九こと科学警察研究所法医第九研究室が組織され、
室長・薪剛(生田斗真)の指揮のもとでさまざまな難事件が捜査されることに。
第九に配属されたばかりの青木(岡田将生)をはじめとする捜査官たちは、
家族を殺害し死刑を執行された男の脳をスキャニング。
事件発生時から行方不明になっている、彼の娘・絹子がナイフを手にした姿を捉えた映像を目にした彼らは……。


これはですね、、、脳をスキャンするっていう最新鋭っぽい話なんだけど、
その脳をスキャンしてわかる事件自体が、、ザ・昭和、みたいな。
でも、そんなに大げさに秘密にするようなもの?っていう印象。
映画のポイントがよくわからないまま終わってしまいました。

そう思ってレビューなんかを読んでみたら、原作を壊してるってたくさん書かれているので、
原作読んでみたら面白いのかもね。




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

DVDで観た映画「団地」 [映画]

これは、映画館上映が終わってから気づいて観たかった作品。
「団地」
poster2.jpg

あらすじ(シネマトゥデイより)
商店街の一角で営んでいた漢方薬店を閉め、
その住居兼店舗を売却し団地に移り住んだヒナ子(藤山直美)と清治(岸部一徳)の夫婦。
パートに出るヒナ子と散歩ばかりしている清治だったが、ふいに清治の姿が見えなくなってしまう。
さらに、彼らの部屋にスーツ姿で日傘を差す謎めいた男が出入りするように。
やがて、ヒナ子が清治を殺して死体を隠しているといううわさが流れ、
それを聞き付けたテレビ局が取材に訪れる。




昭和の象徴「団地」。(笑) ワタシも子供頃は団地に住んでました。
大阪の千里ニュータウン。そこから引っ越して埼玉の武里団地。
なんかいいよね~、団地。
最近ではタワマンとか?同じように派閥じゃないけど、住んでる人どおしのうわさ話とか、
そういうドラマなんかもあるけど、団地はなんていうかもっと人間臭いというか、
風景もちょっと寂しげで、そこがすごくいい。
団地の下のコンクリのところに子供の三輪車なんてあったらもうノスタルジー。(萌)

それと、藤山直美さんがものすごくいいです。
一生懸命やってるのに、パート先で怒られたりする人のいいおばちゃん。
夫役の岸部一徳さんと関西弁でのやり取りもすごくステキ。


そういえばこの時レンタルした「ふきげんな過去」「俳優 亀岡拓次」「団地」、
どれも昭和感ただようのばっかりだったな。(笑)
タグ:団地
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

DVDで観た映画「俳優 亀岡拓次」 [映画]

こちらもチェックしてたのに映画館で見逃した映画、
「俳優 亀岡拓次」
poster2 (2).jpg

解説(シネマトゥデイより)
脇役一筋の地味な俳優に訪れる突然のチャンスを、演劇ユニットTEAM NACSのメンバーであり
『龍三と七人の子分たち』などの安田顕が演じたコメディー。
オファーがあればどんな役でも演じ、私生活では酒を楽しみとする主人公の慎ましい人生を、
業界でありがちな出来事をちりばめながらつづっていく。
戌井昭人の小説を基に、『ジャーマン+雨』などの横浜聡子が監督を担当。
テレビドラマ「あまちゃん」などの大友良英が音楽を手掛ける。地味だが魅力的な主人公のキャラクターと、
ハートフルなストーリーに注目。

あらすじ(シネマトゥデイより)
亀岡拓次(安田顕)は、37歳独身。脇役俳優としてどんな役にもはまることから、仕事の依頼はひっきりなし。
しかし、なかなか名前を覚えてもらえない。
私生活では、安い居酒屋を飲み歩くことがもっぱらの楽しみという地味な日常を送っている。
そんなある日、ロケ先で知り合った飲み屋のおかみ・安曇を好きになる。
さらには、世界的に著名な人物からオーディションに呼ばれることになり……。


監督がやってほしい通りにやってくれる便利な俳優さん。
主役の若手俳優さんが斬られる役で、大げさな芝居、監督にはそこはさらっと、って言われても、
芝居に対する自分の解釈なんかでつっかかってるところに、「亀岡くん、やってみて。」って
さらっと死ぬ役をやってみせたり。
映画自体はかなりたんたんとしててセリフも少ないけど、
ヤスケンと麻生久美子の飲み屋でのやりとりはすごく好きなシーン。 ザ・日本映画、だな。

タグ:安田顕
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

DVDで観た映画「ふきげんな過去」 [映画]

久々にDVDレンタルして観た映画のうちの1本。
映画館でやっている間にも気になってたけど見逃した
「ふきげんな過去」
poster2 (8).jpg


あらすじ(シネマトゥデイより)
東京・北品川に位置する食堂で生活している女子高生・果子(二階堂ふみ)の前に、
18年前に他界したはずの伯母・未来子(小泉今日子)が突然現れる。
とある事件によって前科持ちとなった未来子は果子の実母だと告白し、
そんな彼女の登場に周りの家族はうろたえる。自分の部屋に住み込む空気を読めない未来子に、
イライラする果子だったが……。

最初このポスターを観たとき、キョンキョンと二階堂ふみだったからか、
「ふけんな過去」って読んじゃったら、今回のDVD観た相方が同じように「ふざけんな」って読んでた。(笑)

あらすじには「未来子に、イライラする果子だったが……。」と書かれてますが、
女子高生の果子は常にイライラしてるというか、いつも何かにムカついて、いちいちつっかかってるいる感じ。
こういう年頃ってあったよね、ってなんか懐かしく思う映画でした。

メジャーな感じの映画ではないけど、キョンキョンも好きだし、昭和な感じだし、観てよかったな。


nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画情報「イップ・マン 継承」 [映画]

映画「イップ・マン継承」、4月22日に日本公開だそうです。
楽しみ。。早く観たい~~~。
640.jpg

何度か書いていますが、「序章」「葉問」は映画館でも観て、BDもゲットして時々観ています。

イップ・マン 序章&葉問 Blu-rayツインパック

イップ・マン 序章&葉問 Blu-rayツインパック

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray










この2作品は、制作年は「序章」が2008年、「葉問」が2年後の2010年ですが
日本での公開は「葉問」が先で2011年1月22日。
「葉問」の動員人数が5000人を超えたら「序章」公開、ということになっていて、
「序章」は1か月後2011年2月19日に公開となりました。
ipman.jpg o0400056412877340018.jpg

イップ・マンの映画はこのほかにも、「誕生」「最終章」というのがありますが、
この2作品は「序章」「葉問」とは制作会社が違い、イップ・マン役もドニー・イェンじゃないので、
まだ観てません。当時の日記に、予告観て詠春拳がドニーのほうがいいって書いてた。。(笑)dde0a30d6b3889c4b1dd07e8f1f4e7d9.jpg poster.jpg

でも「継承」公開の前に、、観ておこうかな~~~。。

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブリリア ショートショート シアターに行ってみた。 [映画]

2月15日(水)

一度行ってみたいと思っていた、みなとみらいにあるブリリアショートショートシアターに行ってみました。
http://www.brillia-sst.jp/

ちょうど3時間くらい時間つぶす必要あり、でも普通の映画館で観たい映画は時間合わず、、
みなとみらいオーケーでの買い物もあったのでね~。

事前にチェックしたら、ちょうどポジティブショートフィルムプログラム2017の時間帯がパチっと。
1時間1000円で4本です。
5.jpg

いつものベイクオーターを抜けて橋を渡り、みなとみらい地区へ。
DSC_3265.jpg

こんなところにあったのか~~って感じです。
DSC_3266.jpg

しかし、、入り口がわかりづらい。。ここでいいのかな?って一度通り過ぎて戻って入ってみると。
DSC_3267.jpg

あ、2Fなのですか。
DSC_3276.jpg

階段を眺めつつ、エレベーターで2Fへ。
DSC_3268.jpg

おしゃれな感じのカフェ兼待合室。
DSC_3271.jpg

9周年なんですね。お祝いの花が他にもたくさん飾られてました。
DSC_3270.jpg

チケットを買って、上映開始10分前にシアターへ。
観たのはこの4本。
2037.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg


4本目の「Mr.Poleman Wants to Fit In」が一番好きかな。
カフェでいつも見かける女性と話すためにスマホ買って一生懸命、
思い通りに話せたときのおじいの嬉しそうな表情がいい感じでした。

と思って調べてみたら、予告じゃなくて全編、YouTubeで観られました。(笑)


観たいやつを観に行くんじゃなくて、こんな風にテーマごとにセレクトされたショートフィルムを
1時間で観るっていうのもなかなかよいですね。

ウチから近いし、また時間あるときに行ってみようと思いました。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「島々清しゃ」 [映画]

2月3日(金)

DAVID BOWIE isに行ったその足で新宿へ。
テアトル新宿で上映している映画「島々清しゃ」を観てきました。
T0021451p.jpg



あらすじ(Yahoo映画より)
沖縄の慶良間諸島で行われるコンサートに出演するため、島を訪れたバイオリニストの祐子(安藤サクラ)。
そこで彼女は、うみ(伊東蒼)という小学生の女の子と知り合う。
少しでも音のズレを感じると頭痛を起こしてしまうために周囲から浮いてしまい、友達や母親との関係に悩んでいるうみに、
祐子は優しく接する。吹奏楽部に参加してフルートを吹くようになったうみは徐々に心を開き、
一方の祐子もうみや島の人々とのやり取りを通し、都会で負った心の傷を癒やしていく。


予告を観たときには祐子とうみがメインで進んでいく話なのかと思ったのですが、
裕子が沖縄にやってきた理由とか、何か悩みがあったのがうみや島の人たちとの交流で、
みたいなところはあまり大きなポイントでなくて、金城実さんが演じているおじぃのポイントがかなり大きい!
唄三線がものすごく上等なおじぃの娘なのに、唄も踊りも下手なことで、
那覇に逃げて舞踊を習っているうみのお母さん、
うみ自身も音のズレに敏感で周り「ちんだみ狂ってる!気持ち悪い!」って叫ぶけど、
自分の唄も「ちんだみ狂ってる」、始めたフルートの音も「ちんだみ狂ってる」って。
おじぃの三線に合わせてにフルートを練習する中で、おじぃに言われた「何があっても毎日稽古すること」を
ちゃんと守っていくところがね~~。。
DSC_3018.jpg

金城実さんは沖縄民謡の世界では大御所の唄者で、でも登川誠仁さんみたいに映画にでるイメージなかったので、
この映画でこんな重要な役っていうのにちょっとびっくりでした。
演技じゃなくて、そのまま登場してた感じ。
残白を湯呑で飲みながら三線弾いてましたね。

まあ、その設定で、なぜお母さんは三線じゃなくて、舞踊なのか?
っていうのは微妙でしたが。

あと沖縄のことをあんまり知らないとわからない言葉とか習慣みたいなことの説明まったく無しで、
それはそのほうがいいのかなとも思いましたがポイントになるものいくつか。

 「フラー」:
 そらの母さんご(山田真歩)が何度も自分のことを「フラー」と言うシーンが出てきますが、
 「フラー」は、沖縄方言で「馬鹿、頭が悪い」という意味。

 「かぎやで風(かじゃーでふう)」:
 さんごがずっと稽古をしてる舞踊「かぎやで風(かじゃーでふう)」は沖縄の国歌とも言える曲で、
 めでたいときに演奏したり踊られる曲。3月4日、三線の日には時報ごとにこの「かぎやで風」の演奏がされます。

 「ちんだみ」:
 映画の中でも説明ありますが、「調弦」=チューニングのことです。
  
DSC_3015.jpg

公開記念ドリンク「さんぴん茶」?最近では内地でも普通に出てきますね。
DSC_3016.jpg

映画の中では何曲か沖縄民謡出てきますが、タイトルになっている「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」は
ワタシも大好きな曲で、自分たちのライブでもやるし、長間先生の唄う「島々清しゃ」は最高!
DSC_3014.jpg

沖縄のきれいな海、空、音楽に癒されたい、人生のちんだみが狂っちゃったら、
観たらいいさ~~、そんな映画かな。
DSC_3019.jpg

テアトル新宿ではまだしばらく上映してるのかな。横浜のシネマ ジャック&ベティでは4月1日からのようです。
DSC_3020.jpg

ではまた。


タグ:沖縄 新宿 三線
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「本能寺ホテル」 [映画]

2月1日(水)

ハシゴ酒~~、じゃなくてハシゴ映画~~の2本目はコチラ。
タイトルからも主演者からも、きっと見る系だったのですが、タイミング逃してちょっと遅くなりました。
早いタイミングで見た友人も面白かったとFBに書いていたので期待。
T0021150p.jpg

T0021150q1.jpg

あらすじ(Yahooより)
倉本繭子(綾瀬はるか)は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一(平山浩行)にプロポーズされ、
恭一の両親の住む京都へ向かう。
京都に着いた繭子は、路地裏にある“本能寺ホテル”に導かれ、気が付けば1582年の本能寺にいた。
繭子は現代と1582年を行き来しながら、織田信長(堤真一)や森蘭丸(濱田岳)と交流を果たす。
その日は信長が暗殺された本能寺の変の前日だった。

最近、信長ってよくドラマや映画になってる気がしますが、
その人物像や本能寺の変にミステリアスな部分があるからかなあ。
だいたい、すごく恐ろしい人、でも争いのない世の中にしたいからだった、と語られてることが多いのかな。
泣かぬなら殺してしまえホトトギス、だもんね。

この映画でも同様な人物像で描かれています。
本能寺の変の前日にタイムスリップする話なので、だいたいどんな感じかは想像つくと思いますが、
(歴史かえちゃう?的)書いちゃうとバレバレなのでやめておきます。

吉岡のお父さん役、近藤正臣さんの関西弁が前から好きで、
や、関西弁の近藤さんが好きというか、今回も癒されました。(笑)

綾瀬さんは、「プリンセストヨトミ」のときと似た感じの役で、こういうの、あってますね。
ドラマの「わたしを離さないで」「白夜行」とかの暗い感じのもいい。
天然っぽいけど、割と好きな女優さんです。
「海街diary」もよかったし、最近のドラマでは「精霊の守り人」も観てます。

この映画観たら、「プリンセストヨトミ」をまた観たくなって、DVDレンタルしてきました。
映画の後に原作も読んだので、もう1回観てみます~~。


プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/04/08
  • メディア: 文庫


プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション

プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: DVD

あ、あと本編と関係ないのですが、エンドロール時に流れる音楽、
最近って時代劇なのに今のポップス系タイアップみたいのが多くて嫌なのですが、
「本能寺ホテル」はそういうの無くてよかったです。



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」 [映画]

2月1日(水)

いつものレディースデイ、ではなくてファーストデイで、映画2本ハシゴしてきました。
しかし、、水曜と1日が重なると、ちょっと損した気分になりますよね。
レディースデイとファーストデイ、2回のお得が1回に。(汗)

なんて思ってたら、ちょうど朝のワイドショーか何かでやってた日帰り温泉とかスーパー銭湯の特集で、
「女性にうれしいサービスがこんなに!」みたいなレポを見てた相方、
「なんでオッサンにうれしいサービスは無いんだ!(笑)」って。
たしかに、映画でも居酒屋さんなんかでもレディースデイって色々あるけどメンズデーって少ないよねえ。
まあ、女性が喜ぶと、男性も連れてくるから?なんですかね~~。

で、本題に戻って、1本目に見たのはコレ。
T0020601p.jpg

なんで見ようと思ったかあんまり記憶もないんだけど、時間がちょうどよかったのと、キャストと大阪、かな?
けっこうテレビで宣伝してたし。
10261-e1485577582616.jpg

仲がいいのか悪いのかわからない、ヤクザ桑原保彦(佐々木蔵之介)と
ヤクザとからんで怪しい建設コンサル仕事をしているカタギの二宮啓之(横山裕)が
映画制作詐欺にあって、、という話。

佐々木蔵之介さん、この風貌で眼鏡、流行りの(?)インテリヤクザ系かと思ったら、、
ボッコボコにグッサグサ、こわ~い。
表情も、ああいう静かで怖い目って演技でできるんだな~~って思うくらい。
すごくかっこよかったです。

脇を固める、國村隼さん、木下ほうかさんも好きな俳優さんで、あと宇崎竜童さんも出てました。
みなさん関西出身の方で、関西弁が普通に。その辺も個人的にはいい感じ。

でもまあ映画館で見なくてもいいかな?な映画でした~~。

ではまた。



nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「海賊とよばれた男」 [映画]

12月14日(水)

レディースデイで時間があったので観てきました。

147601312798204659179.jpg

シアター内、年齢層高い!そして映画の内容からでしょうか、男性率高い!

Yahoo映画さんからのあらすじ。
敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐡造(岡田准一)は、
日本人としての誇りを持ち復興に向け突き進もうと従業員を激励する。
戦後の混乱期にもかかわらず誰も解雇せず、独自の経営哲学と行動力で事業を広げていく。
やがて欧米の石油メジャーも国岡を警戒し、その強大な包囲網により同社の石油輸入ルートは全て封鎖されてしまうが……。

人間的にすごく魅力(映画の中ではやんちゃな感じ)があって、この人のところで働きたいと集まってくる従業員、
その従業員たちを家族同様に思い終戦後にも誰も解雇せず、また大胆な戦略で会社を経営してきた店主、
今の時代だったら、ものすごい批判を浴びそうな決断を後半でするのですが、
この「店主」が言うことには従う、という従業員たち。
ある意味、今の時代にはなくなってしまった昔のいい主従関係、自分の世代くらいまではちょっとわかる、
あの頃はよかったな、って思える話です。

個人的には、感動する話ではなくて、石油事業ってこんななのか~~!て、(知らない世界なので)
それに仕事に生きがいを感じて仕事第一で働いてきた世代、大変な時代だった、
でもそれで充実してたんだな、っていうことを感じる映画でした。
今みたいにワーク・ライフ・バランスとかそういうのなかったもんね。

あと、VFXディレクターでもある山崎貴監督だからか、
オープニング映像は、ものすごく印象に残りました。ネタバレになるので内容は書きませんが。

ということで、また!


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画