So-net無料ブログ作成
検索選択

夏の愛媛旅13.東洋のマチュピチュ 東平(とうなる)ガイドツアー。 [旅行]

7月19日(水)

鉱山観光をさらっと行って、メインの東平ガイドツアーへ。
ガイドさんと一緒にマイクロバスで山道を上がっていきます。
しばらくバスから観た景色が続きます~~。
DSC02537.jpg


この日は最初曇ってたのですが、うっすら日が差してきた感じ。
DSC02540.jpg


濃い緑と雲。きれいです。
DSC02542.jpg


DSC02543.jpg


10分くらいかな、ガイドさんから別子銅山と住友との関係などのお話しを聞きながら、
駐車場に到着。
見えてる建物は旧東平配電所です。
DSC02547.jpg


東洋のマチュピチュ。下見るの怖いんだけど、でもスゴイ!
選鉱場跡です。
DSC02553.jpg


上の写真だと高さ感がわかりづらいかも、でちょっと斜めに。
DSC02557.jpg


遠くに新居浜の町が見えます。
DSC02562.jpg


ガイドさんです。
DSC02564.jpg


ここから下に降りていきます。
DSC02568.jpg


降りるってことは、、また上るってことなんですよね。(笑)
DSC02570.jpg


まだアジサイがきれいに咲いてました。
DSC02571.jpg


美しい石垣。
DSC02572.jpg


最初に上から見た所まで降りてきました。
DSC02582.jpg


選別した鉱石を上から落としてでてくるところ。ほとんどふさがっています。
DSC02590.jpg


レンガの積み方の説明、フランス積みとイギリス積みっていうのがあって、
ここはイギリス積み。
DSC02595.jpg


ここからまた昇って、3つ前の写真の上に。
DSC02598.jpg


赤いレンガと濃い緑と霞がかった空。イチイチ美しい~~。
DSC02608.jpg


写真撮りまくり。
DSC02609.jpg


長崎の軍艦島もそうですが、この銅山にも鉱業に従事した人々とその家族が生活した街があったって、
すごいですよね。小学校もあったそうです。
生活物資は、つるべ式に上から鉱石を積んだ側を落とすと、逆側に鉱石の1/3くらいの重さのものが
上がってきて、という動力を使わない方式だったとガイドさんが説明してくれました。

はい、200段あがって、最初の駐車場に到着。
DSC02616.jpg


バスの時間までに、食べそこなった昼ごはん替わり。
DSC02623.jpgDSC02624.jpg


バスでまたマイントピアまで戻ります。
この近くにも昔の物件が。
DSC02630.jpg


愛媛旅行を決めた瞬間、相方がココに行くことを決めてたんですよね。(廃墟好き)
ブラタモリでやってたんです。
や~~、来られてよかった!しかもちょうど緑の季節。感動でした。

マイントピア売店で気になったアイス食べて帰りのタクシー待ち。
DSC02634.jpgDSC_2132.jpg


長々とアリガトウゴザイマシタ。

nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 3

うつぼ

階段200段かあ。( 一一)
今は廃墟でも以前ここで生活していた人がいると思うと想像して感慨深い
かもしれませんねぇ。。
ちょっと曇っていると幻想的に見えます!
by うつぼ (2017-08-13 12:50) 

achami

相方さんチョイスだったんですね^^

by achami (2017-08-13 16:34) 

lovin

うつぼ姐さん、
天空の町だったんですよね~~。
ドラクエみたい。。ゴメン!(笑)

achamiさん、
はい、そうなんです。こういうの好きで。。
by lovin (2017-08-14 16:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。